ウォーターフォールモデル

ウォーターフォール モデルは、段階的なアプローチに従って製品を製造するソフトウェア開発プロセスです。これは、最初に導入された最新のプロセス モデルであり、線形逐次ライフ サイクル モデルとも呼ばれます。これはソフトウェア開発プロセスの一種で、カスケード シーケンスの段階が含まれ、各段階が完了してから次の段階が開始されます。このモデルでは、最初は進行が速く、完了に向けて遅くなります。

ウォーターフォール モデルは、1970 年に Winston W. Royce によって正式なソフトウェア開発プロセスとして開発されましたが、当時は広く採用されていませんでした。ロイスは、カスケードの伝統的なエンジニアリング モデルを開発プロセス全体に適用しました。彼は、このモデルにより、ソフトウェアの作成において追加の制御と組織化が可能になると信じていました。

ウォーターフォール モデルでは、各ステージはその前のステージに基づいて構築されます。開発は問題を理解し、ソフトウェア仕様を作成することから始まります。次の設計フェーズでは、ユーザー インターフェイスの設計とともに、作成するコードの計画が作成されます。コードが記述された後、コーディング テスト フェーズでテストされます。最終的には製品が一般公開され、保守やサポートが提供されます。

ウォーターフォール モデルは、段階が完了すると変更や修正が認められないため、柔軟性が低いと批判されています。また、各段階に独自の時間枠が割り当てられるため、プロセスの後半で変更を組み込むことが困難になります。その結果、スパイラルモデルやアジャイル開発といったソフトウェア開発プロセスが発展してきました。

ウォーターフォール モデルは、ソフトウェア開発、特にメンテナンスとサポートにおいて今でも応用されています。製品が一連の段階を経て生産される製造業でも使用されます。このモデルは一種の「産業遺物」と言われており、その大部分はよりアジャイルな開発プロセスに置き換えられています。

プロキシを選択して購入する

ユーザーフレンドリーなフォームを使用して、プロキシ サーバー パッケージを簡単にカスタマイズします。場所、数量、サービス期間を選択して、インスタント パッケージの価格と IP ごとのコストを表示します。オンライン活動の柔軟性と利便性をお楽しみください。

プロキシ パッケージを選択してください

プロキシを選択して購入する