ウェブサイトの改ざん

Web サイトの改ざんとは、Web サイトの視覚コードまたは基盤となるコードを不正に変更することです。これは破壊行為の一種であり、通常、クロスサイト スクリプティングなどのセキュリティの脆弱性を悪用することによって行われます。 Web サイトが改ざんされると、その訪問者には、意図されたコンテンツではなくハッカーのメッセージが表示される可能性があります。

Web サイトの改ざんは、1994 年に大手コンピュータ雑誌が公認したコンテストの一環として、「426」と呼ばれるハッカー グループによる破壊行為の手段として初めて見られました。当初、汚損は当時非常に困難だったため、一般の人々の間ではほとんど見られませんでした。しかし、テクノロジーが発展し、インターネットが成長するにつれて、すぐにインターネットはより広く利用できるようになり、ハッカーの間でより人気が高まりました。

ウェブサイトの改ざんは、今世紀初頭頃に民間ウェブサイトと政府ウェブサイトの両方で大きな問題になりました。サイトを開発する際に Web サイトのセキュリティが考慮されることはほとんどなかったため、通常は弱いセキュリティ プロトコルが導入されていました。これにより、個人ハッカーから政治的動機のあるグループに至るまで、さまざまな主体による多数のハッキングの試みと改ざんが成功しました。

現在でも、Web サイトの改ざんは依然として問題となっており、より高度な手法が開発されています。ハッカーは多くの場合、Web ページのコンテンツを変更するのではなく、コード インジェクション技術を使用して、Web ページに悪意のあるコードを挿入します。これにより、Web サイト所有者が悪意のあるアクティビティを検出して回復することがさらに困難になります。

全体として、Web サイトの改ざんは、サービスを中断し、ユーザーの信頼を傷つけ、修復に多額の費用がかかる可能性があるため、Web マスターにとって大きな問題となる可能性があります。このような攻撃から保護するために、Web サイト管理者は常に安全なコーディング慣行を遵守し、新しいセキュリティ パッチがリリースされたときに Web サイトを更新する必要があります。

プロキシを選択して購入する

ユーザーフレンドリーなフォームを使用して、プロキシ サーバー パッケージを簡単にカスタマイズします。場所、数量、サービス期間を選択して、インスタント パッケージの価格と IP ごとのコストを表示します。オンライン活動の柔軟性と利便性をお楽しみください。

代理購入価格

プロキシを選択して購入する
ja日本語