書き込み保護

書き込み保護は、ハードディスク ドライブ、フロッピー ディスク、USB フラッシュ ドライブ、メモリ カードなどのコンピュータ ストレージ デバイスの機能で、保存されているデータが変更されるのを防ぎます。これはハードウェアまたはソフトウェアのメカニズムとして呼び出すことができ、ユーザーの保存データを偶発的または意図的でない変更、または悪意のある改ざんから保護することを目的としています。

書き込み保護モードの場合、デバイス上のデータへの変更は完全にブロックされるか、アクセスから保護されているデバイスの別の領域に置かれます。場合によっては、書き込み保護は元に戻せる場合もありますが、永続的な場合もあります。

ハードウェア書き込み保護は、通常、物理スイッチまたはタブによって有効にされ、アクティブにされると、デバイスへの変更の書き込みが防止されます。これらのスイッチはデバイスの外側、通常は側面にあります。ソフトウェア書き込み保護は通常、デバイスにインストールされているファイル システムに組み込まれた手順によって有効になります。これは、ユーザー インターフェイスを通じて、またはコマンド ラインのコマンドによって有効にすることができます。

書き込み保護は、電子制御システムの一部であるメモリ カードなど、読み取り専用のデータ ストレージ デバイスで一般的に使用されます。このような場合、デバイスに変更を加えるとシステムが誤動作する可能性があります。他のストレージ デバイスの場合、書き込み保護は、機密データや個人を特定できるデータを意図的でない変更や悪意のある変更から保護するのに役立ちます。

プロキシを選択して購入する

ユーザーフレンドリーなフォームを使用して、プロキシ サーバー パッケージを簡単にカスタマイズします。場所、数量、サービス期間を選択して、インスタント パッケージの価格と IP ごとのコストを表示します。オンライン活動の柔軟性と利便性をお楽しみください。

代理購入価格

プロキシを選択して購入する
ja日本語