ウォームスタンバイ

ウォーム スタンバイは、継続的かつ安全なデータの可用性を確保するためにコンピュータ ネットワークで使用される戦略です。これは、フェイルオーバー冗長性の一種で、アイドル状態のサーバーまたはデバイスが、障害が発生した場合に別のサーバーまたはデバイスの操作を引き継ぐことができます。アイドル状態のサーバーまたはデバイスは、データおよび関連ソフトウェアの最新のコピーとともに一貫した状態に保たれ、接続されている他のサーバーまたはデバイスからのリクエストを処理できる状態にあります。

プライマリ サーバーまたはデバイスに障害が発生すると、スタンバイ サーバーまたはデバイスが引き継ぎ、中断やダウンタイムを最小限に抑えて障害が発生したデバイスの動作を再開します。ウォーム スタンバイ構成では、バックアップとして使用されるサーバーまたはデバイスはすでに実行されており、必要なデータがすべて準備されています。これは、障害が発生したシステムを引き継ぐ前にスタンバイ システムが再起動または起動する必要があるコールド スタンバイ構成とは異なります。

ウォーム スタンバイは、データ損失や停止から保護する方法として企業や組織で広く使用されています。通常、Web ホスティング、クラウド コンピューティング、大規模ネットワークなど、スケーラビリティが重要な環境で使用されます。また、データを常に利用可能で安全な状態に保つ必要がある、データベースや電子メール システムなどのエンタープライズ アプリケーションでも使用されます。

ウォーム スタンバイ戦略は比較的安価で実装が簡単で、事前の計画やメンテナンスは最小限で済みます。その主な欠点は、コールド スタンバイよりも多くのハードウェアおよびソフトウェア リソースが必要となり、コストが増加する可能性があることです。それにもかかわらず、追加コストは、ウォーム スタンバイが提供する信頼性とパフォーマンスの向上によって相殺される可能性があります。

プロキシを選択して購入する

ユーザーフレンドリーなフォームを使用して、プロキシ サーバー パッケージを簡単にカスタマイズします。場所、数量、サービス期間を選択して、インスタント パッケージの価格と IP ごとのコストを表示します。オンライン活動の柔軟性と利便性をお楽しみください。

代理購入価格

プロキシを選択して購入する
ja日本語