競合他社の価格を監視する方法

常に変化する環境の中で、競合他社の価格に追いつくのに苦労していませんか?

競争力を維持するために競合他社の価格を追跡することは不可欠ですが、これはかなり面倒なプロセスです。

ここでは、科学的研究に基づいて、プロのように競合他社の価格を監視する方法と、この情報を活用して常に適切な価格戦略を設定する方法を学びます。

利益率を下げずに収益を増やすために役立つ、競争ベースの動的価格設定に関する 2017 年のよく引用される調査結果について説明します。

競合他社の価格監視を適切に行うのに役立つヒントについては、以下をお読みください。

競合他社の価格追跡を自動化する必要がある理由

オンライン小売価格の透明性により、顧客は簡単に価格を比較できます。 

小売業者は常に互いに競い合おうとするため、熾烈な競争が起こります。

競合他社に注意を払わないのは大きな間違いであり、ビジネスを失うことになるかもしれません。

いわゆる「競争ベースの動的価格設定」は、先進的な小売業者によって使用されています。価格は、24 時間 365 日監視されている競合他社の価格に応じて設定されます。これは、競合他社と製品が非常に多いため、大量の VA を使っても手動で行うことは不可能であるためです。

先進的な小売業者は、競合他社のデータを収集し、それを動的価格設定モデルに取り込む必要があります。リアルタイムの市場情報は、企業が最大の収益を得るために価格を変更するのに役立ちます。

研究者らは 先ほど述べた研究からは、テスト会社の収益を 11% 増加させ、同時に利益率を維持することができました。これは簡単なことではありません。

ファストフォロワーになるだけでは十分ではありません。データとテクノロジーの先駆者になる必要があります。

さあ、価格を自動的に追跡し、プロキシを使用してスクレイピング中にブロックされないようにし、動的な価格設定を設定して、競合他社に勝ちましょう。時間を無駄にしないでください。

競合他社の価格を追跡するためのステップバイステップガイド

ステップ1: 市場ポジショニングを定義する

まず、市場におけるブランドの位置付けを決定する必要があります。高級ブランドなのか、手頃な価格の選択肢なのか、それともその中間なのか。「オンライン小売業における競争ベースの動的価格設定」の調査では、この位置付けによって価格戦略が決まり、顧客の嗜好や意思決定パターンの評価が必要になることが示されています。また、小売業者が提供する品質、サービス、機能などの価値が消費者の決定に影響を与えることも明らかになっています。

ステップ2: 競争相手を熱心に研究する

直接の競合相手を特定します。競合相手とは、同様の製品やサービスを提供し、同じ顧客層をターゲットとする類似の企業です。動的価格設定、クーポン、ロイヤルティ プログラムなどの価格設定戦略を検討します。ただし、すべての競合相手が消費者の意思決定に等しく影響を与えるわけではありません。市場シェアが大きく、価格が需要に大きな影響を与えるライバルに注目します。

ステップ3: 追跡すべき最適な競合相手と製品を特定する

市場シェア、製品の関連性、競合効果に基づいて、追跡する競合他社と製品を選択します。この調査では、製品の機能が具体的かつ測定可能で、パフォーマンスを比較できるため、哺乳瓶を調査しました。競合他社の Web サイトと製品を識別するツールには、Web スクレイピング、価格比較サイト、市場調査などがあります。

ステップ4: リアルタイムの価格情報を取得する

競合他社の価格をリアルタイムで追跡および比較するためのツールには、Web スクレイピング、API、価格監視サービスなどがあります。この調査では、柔軟なオンライン小売価格設定とタイムリーな情報が、企業が適切な価格を設定し、市場の変化に対応するのに役立つことが示されています。

ステップ5: 製品の価格データをテストする

収集した価格を他の情報源と照合し、対照試験を実施します。この研究では、適切な設計によるランダム化価格実験を使用することで、価格設定データの調査結果を検証できることが示されています。これにより、実際の価格弾力性の尺度を取得できるようになりました。

ステップ6: 問題を特定し、戦略を調整する

価格監視の課題には、データの誤り、更新の遅れ、競合他社の戦略の誤解などがあります。適切な検証方法と正しい監視手法を確保し、必要に応じてアプローチを調整してください。

ステップ7: 価格監視を日常業務の一部にする

価格監視を、特定の従業員に割り当てられたコアビジネスプロセスとして扱います。調査の実際のビジネスコラボレーションの成功により、価格監視は日常業務の一部であるべきであることがわかっています。適切な最新データを提供するダッシュボードとツールを使用して価格監視を実装します。

競合他社の価格を監視するメリット

1. 価格弾力性を正確に測定して利益率を最適化する

この論文では、ランダム化価格テストを使用して、過去の販売データの偏りなしに価格弾力性を推定する方法についても説明します。需要の価格弾力性を考慮して、各製品の収益で希望するマージンを達成できる価格レベルを見つけることができます。

2. 消費者の行動に基づいて競合他社の価格変更に対応する

最も適切な価格対応戦略に影響を与えるもう 1 つの要因は、消費者によるクロス ショッピングのレベルです。競合他社の価格を通知して、競合他社の価格に合わせ、さらには競合他社よりも安い価格を実現できるツールを使用すると、プロセスをスピードアップできます。

3. 競合相手の重要性に基づいて対応を差別化する

業界のライバルは、消費者の意思決定プロセスへの干渉のレベルが異なります。AI、Web スクレイピング、データ マイニングの助けを借りて、競合他社の価格を定期的に追跡し、顧客の行動を研究し、競合他社の戦略と脆弱性を特定し、各製品の適切な価格レベルを決定して総収益を増やすことができます。

4. 競合他社の在庫切れを価格決定に組み込む

価格以外にも、競合他社の在庫切れを監視することで、消費者の傾向や価格変更に対する反応に関する貴重な情報が得られます。自社および競合他社の在庫切れは、需要モデルを推定するために調査で使用された最も重要な変動源です。競合他社の在庫切れは、ライバルが競争から脱落したときに顧客の注目を集めるチャンスも明らかにします。

5. チャネル全体でデータ駆動型アルゴリズムを使用して価格決定を自動化する

収集した価格を他の情報源の価格と比較し、制御された実験を実施します。また、適切な設計によるランダム化価格実験で価格設定データの結論を確認することも可能であることが研究で明らかになりました。これにより、実際の価格弾力性の値を取得できるようになりました。

6. 頻繁な価格実験で競争力の洞察を強化

オンライン小売業では、消費者の検索コストや小売業者のメニューコストが他のタイプの店舗よりも低いため、価格反応はより重要です。調査によると、モデルを再評価し、変化する市場状況に適応するために、価格実験を定期的に実施することが推奨されています。ブラックフライデーやサイバーマンデーなどの日には、ブランドは価格戦争で激しく競い合います。監視ツールは、競合他社の活動に関する情報を提供し、物理的にそこにいなくても、24時間いつでも価格を変更するための自動化ルールを作成できます。

7. 価格監視ルーチンを作成する

価格監視は、実行できる最も重要なビジネス プロセスの 1 つとして見なされるべきであると述べる必要があります。私たちが話し合った調査では、価格監視をビジネスの日常業務に組み込む必要があることが強調されています。ダッシュボード、ツール、およびスクレイピングの知識の助けを借りれば、価格監視はより簡単に実行できます。 


参照記事: Fisher, M.、Gallino, S.、Li, J. (2017)。オンライン小売業における競争ベースの動的価格設定:フィールド実験で検証された方法論。製品イノベーション eJournal。 https://doi.org/10.2139/ssrn.2547793.

アレクサンダー・シュミット

Alexander Schmidt は、一生懸命働くのではなく、賢く働くことを信条とするソフトウェア エンジニアです。分析と調査のための自動化と Web データ抽出に 12 年間携わってきた経験を持つ彼は、楽しく読みやすい方法で実用的なヒントと貴重な洞察を提供し、企業がプロキシ ソリューションの価値とパフォーマンスを最大限に高められるよう支援しています。セットアップの調整や中小企業のコンサルティングを行っていないときは、Alexander は最新の技術ニュースや AI の進歩に夢中になっています。

プロキシを選択して購入する

ユーザーフレンドリーなフォームを使用して、プロキシ サーバー パッケージを簡単にカスタマイズします。場所、数量、サービス期間を選択して、インスタント パッケージの価格と IP ごとのコストを表示します。オンライン活動の柔軟性と利便性をお楽しみください。

プロキシ パッケージを選択してください

プロキシを選択して購入する